昨年書いた書評のPDFがようやくアップロードされました。結構がんばって遊んだのに、誰もつっこんでくれないので自分で宣伝。

「本書は前後して出版された本名[2013]、岡本[2015]に並ぶ「仁義なきインドネシア」三部作、その「カリマンタン死闘編」というべき一冊である。30年あまりのスハルト権威主義体制を経て、1998年に民主化と地方分権化が進められたインドネシアの国際的評価は高い。しかしその背後には官民の暴力装置が跋扈している、これが「仁義なき」シリーズの通奏低音である。」続きはダウンロードしてくださいな。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly